大気圧プラズマジェット ハンディータイプテスト機

簡易卓上型専用 オプション

New

HPJ-DESKTOP 専用自動搬送ユニット

好評の簡易卓上テスト機に速度設定可能な

自動搬送機能を実現!!

大気圧プラズマ導入に欠かせない

再現度の高い大気圧プラズマ処理が可能になります

HPJ-DESKTOPを載せるだけ

簡易卓上型テスト機 HPJ-DESKTOP 用の自動搬送機能オプションです。

搬送速度は 2mm/sec~40mm/sec で10段階の速度設定ができます。

(購入時に 1mm/sec~50mm/sec の間で、10種類の御希望の速度を登録できます。 *1 )

HPJ-DESKTOPの組付けは右上部のカバーを外して乗せるだけ。

自動運転の必要がない時は、容易に手動機に戻せます。

*1 HPJ-DESKTOP標準機は連続使用時間60秒以内のため、SMUの最低搬送速度は2mm/secです

​    搬送速度1mm/secは空冷仕様のカスタマイズ機 HPJ-DESKTOP-ACとの組み合わせでのみ可能です

​    後退(原点復帰)方向の速度は変更できません

* 性能、耐久性向上のため、外観、操作方法、内部仕様等を変更する場合があります。
    HPJ-DESKTOPのカスタマイズ仕様によっては、使用できないことがあります。

*高感度撮影  明るい照明下では写真のように鮮明なプラズマジェットの発光は目視困難です

搬送操作は

前進、後進切り替え、途中停止、START、High,Low切り替え×速度切替5段階

簡単操作で再現性の高い大気圧プラズマ処理テスト を行えます。 *2

*2 試料台の搬送を自動化できるオプションです

    プラズマ照射スイッチ、窒素ガス供給バルブは

    HPJ-DESKTOP本体での手動操作です

SMUの操作方法

Stage Moving Unit 仕様

本体サイズ

  幅280mm×奥行345mm×高さ125

    (HPJ-DESKTOP装着時最大高さ316mm)

重量

  5.5kg

使用電源

  AC100V

搬送部駆動方式

  モーター駆動 1mm/sec~50mm/sec *3

​  搬送ストローク 125mm

​   *3 範囲内で10速登録可能

                     注意 !!

 プラズマジェット装置を使用する場合は、必ずN2(窒素)を使用してください。

 空気(コンプレッサーエア)を流すとプラズマ効果はほとんど無く、高濃度のオゾンが発生し危険です。

 アルゴン、ヘリウム、水素等、絶縁破壊電圧の低いガスは、装置内部で漏電を起す可能性があり、

感電事故、火災など重大な事故に繋がる恐れがありますので使用しないでください。

​ 窒素ガスの充満による窒息事故の可能性があります。換気設備のある場所で使用してください。